資格認定

沖ヨガ協会では、以下のような指導者の資格認定を行っています。

画像の説明

沖ヨガ協会は、「総合ヨガの指導者」を育成することを大きな目的にしています。高齢化社会において、現代社会の求める健康づくりを牽引する役割として、人間的自然生活の道を歩む指導者を養成しています。ご自分の新たな生き方として沖ヨガ指導者への道を進もうとする意欲を持つ人は、資格取得を目指して指導者セミナーを受講してください。

資格認定基準

沖ヨガ・総合ヨガ・生活ヨガは、全てを師として真理を求めていく道であり、「常にバランス・安定と統一の状態を保ちながら、『今、ここ』に全力を尽くして生きる」という人間の本能的な向上性を開発し、自分を啓発して、自己発見と自己確立を追求する教えです。

当協会は総合ヨガを継承・普及するために、指導者の養成を充実して一定の資格を付与することで、社会的責任ある指導者を世に送り出すことを運動の基本にしています。加入された皆様が日々のヨガ実践と普及指導にあたり、下記のことを目的として「指導者資格認定制度」を制定しています。

画像の説明

資格の種類

協会の資格認定の種類は、下記の4つです。

資格種類取得条件
指導士3級・沖ヨガ基礎講座の全過程(48時間)を受講した方。
指導士2級・当協会が主催する講座や研修会への参加により単位を取得して、
 合計が50単位を取得した方。
 又は、同等以上の実力を有すると認められる方。
・上記単位取得後、資格認定審査に申し込み、合格した方。
指導士1級・指導士2級取得後、当協会主催の講座や研修会へ参加し、50単位を取得した方。
 又は、同等以上の実力を有すると認められる方。
・上記単位取得後、資格認定審査に申し込み、合格した方。
講師・指導士1級取得後のヨガ指導歴を5年以上実践し、協会および連合会の講座や研修会へ参加し
 100単位以上を取得した方。
 又は同等の実績を有すると認める方。
・講師は、上記の条件に加えて、協会講師として総合ヨガ指導者を養成する立場に立ち、
 本法人の指導育成並びに諸事業推進の中核となって事業に参画し、
 広く本法人の発展に寄与する方を認定します。
・講師は、協会の正会員でなければなりません。



40年前から沖ヨガ道場で実践し、視力や目の疲労の回復に絶大な効果を発揮した眼ヨガのインストラクター養成講座を行っています。



ヨガは妊娠前から出産後までの女性の体調管理にも効果的です。沖ヨガではできるだけ自然な出産をすることを目標に、女性の健康管理を指導する指導者を養成しています。