コラム

[ 沖正弘先生 書籍 ヨガの喜びから ] 病気をありがたいと思うこと

[ 沖正弘先生 書籍 ヨガの喜びから ] 病気をありがたいと思うこと

沖正弘師の書籍から、少しずつ紹介をして参ります。 沖ヨガでは絶版になったものも多数ありますが、手に入る書籍からご紹介いたします。   「ヨガの喜び」出版社 ‏ : ‎ 光文社 (1989/7/20)発売日 ‏ : ‎ 1989/7/20   ” 病気をありがたいと思うこと あなたは、いまの自分を「こんなはずじゃない。もっと生き生きとしていたい。」と思っているのかもしれない。私もヨガを始めるまえはじつはそうだつた。自分の心や体は自分のものでありながら、これを自分の思うまま動かすことはむずかしい。悪い癖や悪い習慣、そのままにしていればどんどん病気になってしまう。それでも人聞は、それを訓練によって克服できる。訓練で体と心に、いちばん自然な状態をおぼえさせれば、人間はそのとおりに動くことができる。ヨガ行法は、こうして自分で自分を支配する。 アメリカ航空宇宙局は、宇宙飛行士に訓練をさせるとき、古今東西の訓練法をたくさん調査した結果、ヨガ行法をもっとも役立つものとして採用したそうだ。ヨガが人間の心身のしくみを、いちばんよく知っていたからである。 ヨガでは、「生命はぜったい病気に冒されない。いつも人聞は健康でいられる。」と信じている。生命の働きは、健康を守り、維持し、回復することをくりかえしているのだから、人間は病気になるはずはない。病気は健康を守る生命の働きの現われである。 しかも、生きていることは、それだけで自然なこと、バランスのとれていることだ。野生の動物には、寿命があっても、人間のような不自然な病死はない。われわれが患うということも、じつは自分の生命力が不自然さをきらって、自然をとりもどそうとするバランス維持の働きだ、と思うべきだ。病気にかかったら、自分の不自然状態を教えてくれる生命の働きに感謝しよう。 ヨガは、このような人間がほんらいもっているバランス維持の力を最大限に高め、生活の中で実行する行法だ。バランスを心と体にわからせれば、人生はこれまでの数倍楽しいものになる。 引用:ヨガの喜び まえがき P.16~17から引用 ”    こちらは電子書籍もあります。 amazonでの購入はこちらから https://www.amazon.co.jp/dp/06XS4C7JQ/ref=cm_sw_r_tw_dp_PTP4RYYWDJD8ZPB0SG4M
続きを読む
【沖正弘先生 書籍 ヨガの喜びから】ヨガはただ事実を言うだけだ

【沖正弘先生 書籍 ヨガの喜びから】ヨガはただ事実を言うだけだ

沖正弘師の書籍から、少しずつ紹介をして参ります。 沖ヨガでは絶版になったものも多数ありますが、手に入る書籍からご紹介いたします。   「ヨガの喜び」出版社 ‏ : ‎ 光文社 (1989/7/20)発売日 ‏ : ‎ 1989/7/20   ” 私ヨガは特別な教えではない。ことさら神秘的に謎めかすようなものでも、絶対的にありがたがるようなものでもない。 ヨガは、人間の考え方や行動のしかたの「基本であり結論」「真理であり事実」を示したにすぎないからだ。たとえば、ヨガでは誰とでも仲よくせよ、と言う。これは子どもでもわかるような、人間生活のあたりまえの基本だ。そのまま、大人にだって通用する。 また、人を愛せとも言う。言葉だけだと、まったく抽象的でなにがなんだかわからないが、たとえばこう考えてみよう。あなたは人を愛するのと、にくむのとどちらがいいか。どちらが気持ちがいいか、いずれが楽しいか。 ・・・にくむより愛するほうがいいにきまっている。これが基本であり結論ということだ。幼稚園で教えることより、大学で教えることはむずかしいが、教えることの基本は同じであるのと似ている。 体でも同じことが言える。ヨガの動禅(アサンス)は、こういう姿勢と動作が体を安定させるという形を集めたものである。こういう体の動かし方をしていれば、楽だし、心は落ち着くし、病気になることもないという考えだ。禅とは安定の意味である。 最高の心身安定法を呼吸、栄養、頭や体の使い方などで説いているのがヨガだ。 だからこの本は、スポーツをする人、仕事ばかりで体を動かすひまのない入、宗教を学ぶ人、学問をする人、どんな人にも読んでほしい。ヨガは「事実」だけを集めたものなのだから、どんな思想や考えとも対立するものではない。 引用:ヨガの喜び まえがき P.14~15から引用 ”    こちらは電子書籍もあります。 amazonでの購入はこちらから https://www.amazon.co.jp/dp/06XS4C7JQ/ref=cm_sw_r_tw_dp_PTP4RYYWDJD8ZPB0SG4M
続きを読む