【令和4年9月9日(金)13時~11日(日)13時 オンライン】沖ヨガ国際キャンプ 「ヨガによる生きる喜び」

販売価格 寄付額 ¥3,000 通常価格 単価  あたり 

税込

概要

「ヨガによる生きる喜び
~困難な時代を逞しく生き抜く~

 私達は、人生がうまく行かないと他物や環境のせいにしたがる。
しかし、どんな困難な状況であっても命を輝かせ、人生をいくらでも逆転させることができる。沖ヨガは、その実践的な叡智に満ち溢れている。運命は自ら造るもの

 

開催日時:令和4年9月9日(金)13時受付~11日(日)13時解散

オンライン参加:
こちらはオンライン参加のためのお申込みのぺージです。

全国からzoomを使用してのご参加いただけます。
zoomのご案内は講座の前日までにお送りいたします。

 

※申込の注意※

[ 講座 - 9日(金)14:00 鈴木伸枝 3000円  ▼ ]

と書かれている部分を押下すると、他の講座も選択することができます。カートに複数を追加してから、一度に決済することが可能です。

 

対面参加のお申込みは
こちらをクリックしてご覧ください。

申込締切:9月5日(月) 
早割:8月20(土)

 


参加献金(寄付金)

  • 90分講座   1講座  3000円
  • 120分講座 1講座     4000円

 

スケジュール

 ※龍村修先生と石井三郎の講座時間が変更になりました。

講座詳細

特別講演    
神道と神の痛みの神学
 
~イザナミ・スサノヲ・大国主の悲しみと痛みと修理固成                   講師:鎌田東二
参加献金:120分 4000円

『古事記』に籠められたメッセージの中核に「むすひ」と「修理固成」がある。生成化育し、創造的に産出していく力と、それをうまくコントロールし、運営・維持展開していく「修理固成」のはたらきである。今回はその2つのダイナミズムを出雲神話の物語とそこに流れる痛みと悲しみと鎮魂の文化を考えてみたい。

プロフィール
1951年徳島県生れ。國學院大學文学部哲学科卒業。同大学大学院博士課程単位取得退学。岡山大学大学院医歯学総合研究科社会環境生命科学専攻博士課程単位取得退学。宗教哲学・民俗学。博士(文学・筑波大学)。京都造形芸術大学教授、上智大学グリーフケア研究所特任教授などを経て、京都大学名誉教授。天理大学客員教授。石笛・横笛・法螺貝奏者。フリーランス神主・神道ソングライター・吟遊詩人。著作に『神界のフィールドワーク』『翁童論』四部作、『宗教と霊性』『呪殺・魔境論』『神と仏の出逢う国』『現代神道論』『世直しの思想』『世阿弥』『言霊の思想』、サードアルバム『絶体絶命』(2022年7月リリース)など

-----------------------------------------------

 

 

自分の命を学ぶ「動禅ヨガ」    
講師:鈴木伸枝
参加献金:3000円

ヨガは、実践の中で自分の体験を通して、真実を発見(悟り)していく「行法哲学」。
日本には奈良時代から「瑜伽(ヨガ)」があり、もともとは、フィットネスや、エクササイズではなく、真言密教の悟りをひらくための冥想行法としてヨガは日本に伝わったのです。ヨガの実践はポーズや呼吸法をすることのみならず、生活の中で真実を観る力を身につける練習をし、とらわれ、こだわりから自分を解放し、自分らしく自然な在り方で、命をイキイキと輝かることを目指すことを目的とします。現在ではヨガのポーズを指す言葉である”アーサナ”を、沖ヨガでは動きを伴う禅(動禅)と解釈しています。ポーズや呼吸法を行いながら、集中して自分の感覚に深く意識向けると、心身に微細な変化が次々に起こっていることに気がつきます。そういった心身の反応は、自分の生命のデータです。この情報を集めていくと、今の自分に何が本当に必要で、何が不要なのかが、掴めるようになっていきます。体を動かすこと、呼吸をすること、内観すること、を分けて考えず、「心」「氣」「体」を統一させ、自らを把握し命を輝かせるヨガ実践していきましょう。

プロフィール
概要全国のイベント出演、大学や専門学校のカリキュラムの作成や講師担当、メディアの記事監修など、活動は多岐にわたる。指導者養成コース講師を担当し、1000人以上のヨガインストラクター輩出実績がある。「自分を生かすヨガ」をモットーに、誰でも簡単にヨガを生活に取り入れられるよう、平日毎朝6:30からインスタグラムより瞑想とヨガのクラスを配信し、ヨガの普及に努めている。

 -----------------------------------------------

  

沖ヨガの宗教心と世間の宗教の違い
講師:石井三郎
参加献金:3000円

1、世界中でなぜ宗教が必要か?
  感じ方考え方の一人一人違うと、トラブルが起きやすいので

2、根本的な教えは
  自他共に、楽に気持ち良く生きる

3、なぜ宗教戦争が起きるのか?
  牧師さんやお坊さんの資格

4、他の宗教は頼らせる
  1)意味の分かられない経典
  2)本当の修業場は

5、沖道ファミリーヨガの教えは
  1)自然の法則教え
  2)身体の教え
  3)心の教え
  4)言葉に出さない弊害

この世の事や物は自分しだいで全て良くも悪くもなるのです。
時間があまれた時頭おかしな、ドジな私の宗教体験記。

 

プロフィール
昭和19年生まれ。東京都出身。NPO法人沖ヨガ協会理事。50年以上前から禅、念仏、催眠、断食、操体法、ハタヨガ等を探求する。昭和52年夫婦で沖ヨガ道場入門、沖正弘導師に師事した後、東京神田にファミリ-ヨガスク-ルを創設。 教室合宿 断食指導とも40年。国内はもとより台湾、ブラジル、オーストラリア、米国等海外での指導も多くネットワークが形成されている。

 -----------------------------------------------

 

 

アサナの練習を通じて意識力を高めましょう
講師:森朝子
参加献金:4000円

今そのままの自分の状態から始めて、もう少し大きく広く深い自分を感じられるようになるために。動作の要となる関節周り、さらに深層筋をほぐし、その後アサナで原則的な体の使い方・調和息・意識の置き方を練習します。

プロフィール
1954 年岡山県生まれ。学生時代に沖正弘導師の本を読み、三島道場生活を数度体験。1 年間教職を務めた後、1980 年から 1984年の間、静岡県三島市の沖ヨガ修道場にて、住み込み奉仕生・研修生として、沖導師の下ヨガを学ぶ。沖導師の任命により、イギリスで新たに設立されたチャリティー団体 Okido Natural Health Education Trust
Ltd で働くため、1984 年渡英。3男1女の母。イギリスで最大のヨガ会員組織である、ブリティッシュ・ウィール・オヴ・ヨガ(The British Wheel of Yoga)のヨガ教師の免状を有す。

 -----------------------------------------------

 

 

どうにもならない負の感情に気付き、
切り替える必要な方法として精神状態をプラスに
大変換してゆく沖ヨガ
~極意呼吸法+修正行法+脱力ゆるの応用などで、体験、体感、実感していく                    講師:北山佐和子
参加献金:3000円

(ABC各30分予定)

A コロナブルーが本当の鬱症状になる前に、感覚的な息の切替+脳・臓器のズレや位置異常の本能修正体操。

B 爆発寸前の怒りを、我慢し心奥深くに溜め込む前に、自己認知し、赤ちゃん野生体操+沖ヨガ強化法で原始的なストレスを素早く切替え解消。

C 自分の不得意で苦手でどうしても許せれない相手に対して、許すレベルから赦す段階まで、脱力・集中し手放しする根元的で精妙な方法として各種ゆる応用+マントラ併用の沖ヨガ修正行法+呼吸法から冥想入門。

プロフィール
大学1年の夏休み沖ヨガ道場入門し半世紀、沖ヨガ御縁は52年。アシュラム自宅ログハウスでの沖ヨガ式ブチ断食合宿(3月10月)プライベートヨガレッスン(実業家・妊婦産後、事故術後後遺症などカウンセリグ90分)精神科病院内ヨガ有償ボランティア8年目、ヨガデイCHUBU開催5年。

著書4冊【ヨガの気持ちで自然流育児】農文協出版 、【妊活ファミリー沖ヨガ】電子書籍メディカル出版。

-----------------------------------------------

 


あなたのパフォーマンスを最大限高め、幸福(しあわせ)な人生を実現する秘法とは?
講師:見山敏
参加献金:3000円

人生の総仕上げとして、半世紀の歳月をかけて開発した「心身改造呼吸法」https://mugenjyuku-kaizokokyu.com/mail-magazineをご紹介します。あなたの生命力を強化し、どんな困難にも負けない強靭な心と体をつくりたい方におススメ。

プロフィール
見山 敏(みやま さとし) 
ソフィアビジョン研究所 代表  夢現塾 主宰
昭和24年7月26日生まれ/愛媛大学工学部卒
著述家/講演家/モチベーター/ヨガ・太極拳・氣功指導家  
講演回数は述べ1700回を越える。著書も37冊以上。社会人第一歩の時に大病という、どん底体験をし、そのご縁で人類の最高の叡智、沖ヨガに出会い蘇る。モットー:人生の最大の財産、それはどん底。

-----------------------------------------------

 

 

 

ヨガの基本を丁寧に学ぶ。
基礎アサナと基礎哲学             
 
講師:珠数孝
参加献金:3000円

ヨガが流行している現代、その学び方が解剖学的であったり、精神的であったり偏りが見られます。もっとシンプルにヨガの智慧を心がける大切さに立ち返るクラスです。

プロフィール
両親が沖ヨガ指導者であり、「かたの健康会館」というヨガ道場で生まれ育ちました。サラリーマン時代を経て、2011年よりヨガ指導をはじめ、生活ヨガ研究所(大阪・天満橋)を主宰しています。

 -----------------------------------------------

 

 

 

生活ヨガ座談会
北山佐和子、珠数孝、龍村修、見山敏、森朝子 (五十音順)
参加献金:4000円

「生活ヨガ」とはなんでしょう。
沖先生は「本来、心・身・生活の各面を総合して、自然の法則にかなったバランスのとり方を教えている哲学であり、またその実践方法です。」とし、「生活のすべてをヨガにしなければ、真の健康も、美も、悟りも、幸福も、平和も求められない」と述べ、「ヨガは密教です。すべてのものを学びの対象として受け取り、体験し体得するのが密教の立場です。」と『生活ヨガ入門』の序文でおっしゃっています。

今回は精神的な部分をテーマに講師の皆様に対談していただきます。

-----------------------------------------------

 

 

張廷禎 老師
台湾沖道瑜伽会
※台湾からオンライン配信
参加献金:3000円

 

 -----------------------------------------------

 

 

 

 

生命即神のルーツを古日本伝統精神から探る     
講師:龍村修
参加献金:3000円

生命即神の思想のルーツを探ると、6世紀から中国経由で日本に伝わったインド発中国経由のヨガ・瑜伽・冥想として、日本の精神文化の土台に行きつきます。また日本固有の縄文時代から続く自然崇拝・山岳崇拝、祖霊崇拝と一つなって、神道精神と一体なり、日本人の無意識層に深くしみ込んでいることに気づきます。

プロフィール
NPO法人沖ヨガ協会理事長。龍村ヨガ研究所 所長。NPO法人日本YOGA連盟 副理事長。国際総合生活ヨガ研修会 主宰 1948 年兵庫県生。早稲田大学文学部卒。学生時代の演劇活動の中でヨガに出会い、73 年求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子になる。以後、導師に同行し世界10数ヵ国以上でヨガ指導経験を持つ。1985年導師没後、沖ヨガ修道場長を経て1994年独立。龍村ヨガ研究所開設。現在に至る。
著書:77の基本ポーズで分かる 龍村式ヨガレッスン(日貿出版社)・生き方としてのヨガ(日貿出版社)・龍村式 指ヨガ健康法(日貿出版社)・眼ヨガ(日貿出版社)など多数出版

 -----------------------------------------------

 

 

予約のための注意事項

※寄付で運営していくNPO本来のあり方にするために、参加献金(寄付金)にどうかご理解、ご協力をお願いします。
年度ごとに議案書へ“寄付者ご芳名、寄付金額”を記載しております。
匿名希望者は申込みフォームの「寄付金匿名」に印をつけてください。

※携帯電話の各キャリア(DoCoMo/au/softbank等)へメールを送付する際、メールが届かないといったトラブルが発生する場合があります。ご登録いただくメールアドレスはパソコンのメールが受信できるメールアドレスをご入力いただくか、パソコンメールの拒否設定を解除してください。