[ 会場・オンライン・動画配信 7月4日 13:00-17:00 ] がんサバイバーとヨガ 講師:山内やよい

販売価格 寄付額 ¥4,000 通常価格 単価  あたり 

税込

概要

今や日本人の2人に1人は生涯でがんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代です。しかし医学や医療技術の進歩により、この50年で各がん種の5年生存率は大きく改善し、がんの診断を受けた後も長期間生存できるようになりました。
このことに伴い、診断や治療後に副作用や晩期障害、そして再発や転移の不安を抱えながら生きるがんサバイバーも多くいるのも事実です。


●年間100万人以上が新たにがんと診断され
●年間38万人以上ががんにより死亡する
●男性は2人に1人が生涯で一度はがんに罹患し、女性は3人に1人が罹患する


がんサバイバーのためのリカバリーヨガは、呼吸法や瞑想、ヨガのポーズを対象者に合わせて適宜修正し、プログラミングし、治療の副作用や晩期障害、メンタルの不調に寄り添います。

最新の論文紹介や今後ヨガが担う役割について、みなさんとともに考える時間にできたら、と思っています。

 

開催日時:令和3年7月4日(日)13:00~17:00

お申し込み期日:令和3年7月2日(金)まで

講師:山内やよい

2000年米国でヨガに出会い、2007年龍村修先生のもとで指導者養成コース修了。フィットネスクラブのトレーナー兼所長として、高齢者や障害、既往のあるクライアントへの運動支援にも積極的に取り組む中で、“健康弱者への運動支援”のあり方、およびヨガの可能性を探求するため、大学院に進学。修士・博士課程を修了し、現在は大学で教鞭をとる傍ら、国内トップアスリート、学生アスリートのリカバリーサポート、がんサバイバーのグループおよび個人レッスン、障害のある方に向けての個人レッスンや、企業向けの講演など地道にヨガと人の健康についての啓蒙活動に取り組んでいる。
博士(スポーツ科学)・早稲田大学グローバルエデュケーションセンター/杏林大学保健学部 非常勤講師

 

参加献金(寄付金)

1口 4,000円

取得単位

2単位(資格登録制度の登録者に付与されるものです)

 

参加方法

会場参加 
定員:会場8名 

会場:龍村ヨガ研究所
〒164ー0003 
東京都中野区東中野4-9-1 第一元太ビル4B
JR東中野駅 東口徒歩1~2分

お持ち物:動きやすい服装、お飲み物、ヨガマット(新型コロナ対策のためできるだけお持ちください。)

オンライン参加
zoomを使用します。
前日までに申し込み・参加献金(寄付金)をご入金ください。お振込みの確認ができないため、当日にお振込みいただいても参加はできません。

動画配信
開催後7日以内に配信いたします。その後1か月間録画動画をご覧いただけます。

 

 予約のための注意事項

※メールアドレスは必ず入力してください。

※寄付で運営していくNPOのあり方として、参加費ではなくご寄付のお願いをしております。どうかご理解、 ご協力をお願いします。
総会議案書への匿名希望者は申込みフォームに「寄付金匿名」とご記載ください。
※セミナー初参加者には沖ヨガ関連書籍を贈呈致します。

※携帯電話の各キャリア(DoCoMo/au/softbank等)へメールを送付する際、メールが届かないといったトラブルが発生する場合があります。ご登録いただくメールアドレスはパソコンのメールが受信できるメールアドレスをご入力いただくか、パソコンメールの拒否設定を解除してください。

 

【問い合わせ先】

連絡・申込先 NPO法人沖ヨガ協会 東日本連合会 総務(武田修)
Tel:080-5450ー2505
Fax:03-6369-3216
Mail:higashinihon@okiyoga.com