【講師コラム:北山佐和子】

【講師コラム:北山佐和子】~妊活 マタニティ沖ヨガ的 生活のすすめ~北山佐和子流

谷神は死せず、これを玄牝と請う。―老子―

大河の源流にある谷神は、とどめなく、とどめなく生命を生み出して尽きることはない。これを玄牝[げんぴん]、、、神秘なる母性と神秘なる母性・私達の誰でも持っている眠っていた女性の太古からの[自然⇒カン]を目覚めさせていく、妊活ヨガ実践⇒マタニティヨガライフ

妊活・妊娠・出産・育児を通して生き方としての自然法則を、ご自分の体を通して感じとる事が、自然の中で生かされている自分[自然]⇒[赤ちゃん]生命を体感・実感することができる、、、女性として最高の至福を味わいつくせます。

☆例えば、妊活中の体の使い方・心がワクワクするようなお料理する時の姿勢とか、妊娠中のお腹が張りにくい歩き方、掃除する時などの鼻歌まじりのヨガ式ゆるの身体の使い方など、生活の中でも工夫をしてゆきます。
☆神経が穏やかになるような毎日の食事と、特に排泄に心を配ります。
☆心地よい腹式呼吸を、お風呂の中・お布団の上などですと、最初は日常生活の中でも練習しやすいでしょう。
★自然体、調和息、自然心という実行を、毎日の生活で意識して心がけてゆくのです。
☆ヨガ式妊活・自然分娩法とは、特別なことだけを取り入れたりすることではなく、自然生活[自然体、調和息、自然心]を各自・妊活・マタニティ生活の中で色々工夫し実践し続けていくことで可能になるでしょう。

大切な次の三つの事が、あげられます。

[1]お腹・下半身を冷やさない事が大切です。足、脚、下半身、みぞおちから下を、積極的に温めます。
●頭寒足熱を実行します!
⇒排毒作用の高い天然素材の絹、毛、綿素材の靴下重ね履き+レッグウオーマ+ズボン下重ね履きを実践します⇒結果、温かくて上着を一枚脱げるぐらいが目安です。
シャワーだけは冷えますので、お風呂に必ず入りましょう。
女は昔から冷やしてはいけないのです。

[2]みぞおちを固くするとか 妊娠中お腹をはらさない。特に上半身をリラックスさせ、胸周り・脇・みぞおちをゆるめます。下丹田に、気を鎮める腹式呼吸法をします。
●上虚下実を実行します。
⇒妊娠中には赤ちゃんのアタマのある下肚に気をおいて練習します。

[3]食べ過ぎ・動かさなすぎに注意します。
沖ヨガ式妊活・妊婦自然生活を実行、実践します。
沖ヨガ自然生活とは、◎に具体的にまとめてみました。

◎体
⇒朝、目覚めから体をこまめに動かし、1日一回はしっかり楽しく汗をかく努力が必要です。
静かにしたい時とか 妊娠中でお腹が張る場合の時には、足湯★二時間位して汗をかくようにとか、デトックスできる事が続けられる工夫が大事です。

◎排泄
⇒取り入れる事より、出す事が大事なんです。
排泄能力の弱い方は、吐く息が弱く短く緊張しやすい方が多いようです。
太い長いバナナ状ウンコを、気持ちよく排便できるように、毎日の食生活と体の使い方を再チェックし、下肚から吐く息を練習します。

◎食事
⇒外食や濃い味、甘いパンやスイーツなどに偏らないよう、食事は和食⇒玄米菜食を心がけてゆきましょう。
女性や、妊婦の方にも多くみられる貧血や、便秘の時には、主食を小豆いり玄米に変えられるとほとんどの方々が解消されてます。

◎電磁波
⇒電気製品、冷房、暖房、パソコンなどの長時間の使用は、不妊、逆子防止のためにもできるだけ控えます。
例えば、携帯電話を手に持ったまま寝てしまわないようにとか注意しましょう。

◎ヨガ修正ポーズ
⇒噛み合わせとか歪みに気付き、骨盤修正法などで心身を整えようとする、積極的な心構えが必要です。

◎気持ち
⇒イライラしたり、落ち着かない時ほど、一回長く強く息を吐き出す
⇒息を観察。自分の息に気付き、腹式呼吸法を数回します。
⇒穏やかな気持
⇒長い深く吐くデトックス呼吸に切り替えれるヨガ呼吸法での前向きな癖付けを目指しましょう。

◎睡眠
⇒心地よい睡眠のために、電気製品に囲まれないように寝る部屋などの、再チェックが大切です。例えば、寝る場所から電気コンセントなどは 三メートルは離れるか、電気コンセントキャップをしておきます。また妊娠後期の方は、夜三時間おきに目覚める方もいます。それは不眠でもなく、出産後の母乳の定期的な規則的な哺乳練習として必要な準備段階として、とても自然な事の一つです。

◎愛
⇒父性愛の表現の一つイクメンパパ。ママにとっても嬉しいパパとの育児の共同作業。出産後、マタニティブルーにならない注意のためにも、母性愛・父性愛をもちより二人で協力し合って育てることについて、仲良く話し合っておくといいですね。パパがいない方の場合には、出産後を想定して、手助けしてくださる方々に妊娠中に声をかけたりしておく努力をしておきましょう。

以上の気持ちで妊活・妊娠自然生活をできるように工夫してゆきますと、生活の幅が広くなってゆき、前向きなゆるい心持ちになるでしょう。
この自分自身をオープンマインドへと毎日の妊活の積み重ねの気持ちが、やがて妊婦としての自信となり、自然分娩や安産に確実につながっていくことでしょう。

名古屋の産婦人科二軒で、マタニティヨガクラスと不妊クラスを、二十七年指導させていただいた北山佐和子流沖ヨガ式妊活とマタニティヨガの一部を、お話させていただきました。
上記の、ヨガ式ゆる体操・デトックス呼吸・下肚呼吸法・女性な繊細な骨盤修正法 、妊娠中・お腹の張らない歩き方とか・むくみ予防・修正法などは、来年2013年2月3日に沖ヨガ東京センターで行う北山担当講座の時に、詳細に指導させて戴きます。北山自身の妊娠前断食・助産院で立ち会い産・桶谷式母乳育児などから自己失敗談なども含めてお話させて戴く予定です。

以下の写真は、北山三十歳の時の妊娠・臨月までの、ヨガ各ポーズ写真です。

来年2013年2月3日に、北山講座の時に、お会いしましょう。

合掌

◯4ヶ月
画像の説明
◯5ヶ月
画像の説明
◯6ヶ月
画像の説明
◯7ヶ月
画像の説明
◯8ヶ月
画像の説明
◯9ヶ月
画像の説明
画像の説明
◯10ヶ月
画像の説明
画像の説明